INSTRUCTIONS ON CARE

ハンティング・ワールド製品のお手入れについて

バチュー・クロスのお取扱い

汚れた場合のお手入れ

水に濡らした布、または薄めた中性洗剤を含んだ布で拭きとってください。中性洗剤を使用した場合は、必ずもう一度水に濡らして堅く絞った布で拭き取り、よく陰干ししてください。

保管について

使用しないときは、通気性の良い所に置いてください。また保管する際ビニール袋に入れたり、ナフタリンやパラジクロルベンゼン等の化学薬品と一緒にすると、変質することがあります。長期間ご使用にならない場合は、薄紙などを中に詰め形を整えて、通気性の良い保護袋に入れ立てて保管されることをお勧めします。
※火のそばに近づけると変形することがあります。また、材質上表面のコーティングやウレタンフォームは時間の経過とともに劣化することがあります。

革製品のお取扱い

軽い汚れの場合

ちりやほこりによる汚れは、乾いた布やブラシで拭けば容易にとれます。
部分的な軽い汚れは、革用の消しゴムをお使いください。保革クリームをご使用の場合は、柔らかい布に少量をつけてまんべんなく磨いてください。なお、クリームのつけすぎは、変色の原因となりますのでご注意ください。シリコンクロスを使えば汚れとりとツヤだしが同時にできて便利です。

カビを防ぐには

カビは繊維組織を変質し硬化させるため、変色や収縮の原因となります。カビを防ぐ方法は乾いた布でよくから拭きをし、乾燥剤を入れて涼しいところで保管してください。

保管について

通気性の良い保護袋に入れて、直射日光の当らない風通しの良い所に保管してください。他のものと重ねて保管すると型崩れの原因になりますので中に薄紙などを入れることをお勧めします。

雨に濡れた場合

水分を含んだ革を急激に乾かそうとして火に近づけたり、アイロンをあてたりすると革が硬化して脆くなったり、縮んだりします。タオルで叩くように水分を吸いとってから、中に新聞紙などを詰めて陰干しし保革クリームで丁寧に磨いてください。

ヌメ革のお手入れ

使用する前に薄いベージュ色になるまで日光浴をさせると、革の表面に保護膜ができ、汚れがつきにくくなります。さらに革用のクリームを塗っていただきますと、より確かな保護膜をつくることができます。
使い込むうちに、革本来の質感にしなやかな風合いが加わってきますが、水に濡れるとシミになる場合がありますので、特にバッグが新しいうちはご注意ください。革が焼けた後は定期的に革用のクリームを塗りますと、糸も革も強度を増します。